弁護士基準の重要性

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

過去の交通事故判例などを調べあげた上で、弁護士基準で賠償額を決定できるのが弁護士に依頼する最も大きな理由となるでしょう。弁護士の場合は判例集が手元にあるからこそ、様々な事案を参考するのが飼おうとなります。主張できる要素をしっかり持ち合わせているのに、その事実を知らないままにしてしまう相手のペースで進むことになるでしょう。弁護士でないと算定できない裁判基準となるため、相手に与えるプレッシャーは相当大きいものとなります。仮に相手側から訴訟を起こされたとしても、裁判基準が有利になるのは間違いありません

自賠責基準と任意保険基準はあくまでも全ての損害にフォローできている訳ではないです。だからこそ、弁護士基準である意味は非常に大きいといえるでしょう。賠償金額が2倍以上となるのはそう珍しいことではありません

多くの資料を用意した上で面倒な交渉をしないといけないのが、弁護士に依頼をすれば全てにおいて適切な対応をしてくれるのが大きなポイントになります。加害者や加害者の保険会社にはそれぞれで利を考えての対応をしてくるものの、この事実に気付かないままだと、後に大きな後悔に繋がってしまうことも多くなるでしょう。

参照<交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所